長距離ドライブは運転手交代必須

家族旅行や友人との旅行で僕は運転することが多いのですが、一人で長時間の運転をするというのはとても疲れが出るので、運転を交代できる人がいるとすごく助かりますね。長時間の運転は休憩を入れてもやっぱりすごく疲れるものだから、途中で仮眠を取ったりしても再び運転すると疲労も大きくなります。特に長距離になれば、日頃走っている道路ではないから不慣れだし、こうした部分でも疲れが蓄積されてしまうのでしょうね。

家族で出かける時などは比較的僕が運転する時間がとても長いのですが、道中を楽しんでいる家族の顔を見ながら頑張って運転するようにしています。でも正直なところあまりにも長時間の運転をすると、疲れきってしまい、目的地に到着してからは観光などを楽しむより部屋でゆっくり眠りたいという気持ちの方が大きくなってしまうので、友人と出かける時などは運転を交代するようにしています。やっぱり1人だけで運転をするというのは負担が大きくなってしまうので、道中の運転を交代するというのは必ず必要だと言っても良いと思います。僕はもともと運転が嫌いな方ではありませんが、さすがに長距離の運転というのは疲れが大きくなってしまうから交代してくれる人がいると本当に助かります。

新型レクサスRXの値引き

前もってプランを立てておくと良い。

遠出をする際にはメンバーの中で運転手の交代するタイミングなども事前に話し合っておくと良いと思います。出かけてから疲れたので交代して欲しいと言ってもわからない道を運転するのは怖いなんて言う人もいるかもしれないし、例えば自分が疲れたと思ったときに一緒に出かけたメンバーが眠っていれば運転を交代してもらうなんていうことができません。

そのため出かける前の段階で運転を交代するポイントなどを話し合っておけば、予定に合わせて、次に運転する人が仮眠をするなんて言う事も出来るし、平等に出かけることができるのではないでしょうか。どうしても運転することができない人ばかりを連れて行くような場合には仕方がありませんが、そうではなく免許を持ってる人が同行していく場合にはやはり途中で運転手を交代することが大切でしょう。1人ばかりが負担を感じてしまうと上記のように目的地に到着してから運転手は疲れきってしまうなんていうことがあるので、順番に交代するようにしておけばそれぞれが平等に楽しむことができるのではないでしょうか。中には途中のポイントでジャンケンをして運転手を決めるなんていう若い人もいるようですね。このような方法も楽しくて良いのかもしれませんが、ジャンケンに負け続けてしまう人がいる場合には、他のメンバーが気を使ってでも変わってあげることが大切です。